高い機能性|R+houseいわきの強み

STRENGTH
高い機能性

夏涼しくて、冬暖かい
安心できる家

R+houseでは単に流行のデザインや設備を取り入れるのではなく、快適性・省エネ性・耐久性を追求しています。見た目のデザインだけでなく、性能面でも確かな品質で住宅を提供します。

快適性を高める高気密高断熱

R+houseの住宅は「高気密・高断熱」にとことんこだわっています。“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を叶えるためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えないことが大切なポイント。
そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、一般的に高気密とされる気密性能値を大きく上回る家づくりを実現させています。

高断熱の指標となる「UA値」

住宅の断熱性は「UA値」という指標で表されます。この数字が小さいほど熱が逃げにくい“高断熱な家”になります。R+houseは、日本の断熱化基準である「省エネ基準」を大きく上回っています。

高気密の指標となる「C値」

住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。これまでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)。それに対してR+houseの標準は、1.0(㎠/㎡)以下です。

省エネルギーな住宅

住宅にも燃費のいい家と悪い家があります。住宅の燃費とは「冷暖房などのランニングコスト」。高気密・高断熱なR+houseの住宅は、一般的な住宅に比べ、光熱費を抑えら、エコな生活を送ることができます。

地震に強いパネル工法

R+houseでは、断熱材と合板を組み合わせた「R+パネル」を柱と柱の間に設置するパネル工法を採用しています。壁全体で家を支えるので、地震による横からの力が分散され、優れた耐震性を発揮します。

R+houseの
高気密・高断熱・高耐震
SHARE
Strength
Our Strength
Works
Our Works
Follow
Follow us on...
住まいのこと、お気軽にご相談ください

住まいのこと、
お気軽に
ご相談ください。

0120-664-407
( 8:00~17:00(定休日 日・祝日) )